【壱岐市長選挙に立候補しました】

つい先ほど、壱岐市長選挙に立候補してきました。
いよいよ今から1週間の選挙戦がはじまります。

ここ数日の間にコロナ感染者の方が増え続ける中、明日からは学校が再開されるとのことです。
「休校にしてほしい」という声が、保護者の方から多数あがっています。自分自身も同じ思いですし、今、その権限がないことが歯痒いです。

また、「選挙どころの話じゃない」「投票所に行くのが不安」という声を多数いただいていますし、SNS上でも散見されます。
先日お伝えした通り、選挙管理委員会には選挙延期のお願いをしましたが、『できない』との回答でした。

1週間後、4月12日の結果が、今後の4年間を決めます。
壱岐の未来にとって、大切な選挙です。

1月20日に出馬表明をしてから、本当に色々なことがありました。
デマにはじまり、ポスターを剥がされたり、応援してくれてる人の農作物を取り扱い停止にされたり、仕事を外されたり。
「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったもので、いつか本にしたいくらいドラマチックな2ヶ月半を過ごさせてもらいました。笑

嫌なこともありましたが、一方で、素晴らしい体験もたくさんさせていただきました。
新しい、これからの人生でずっと仲良くさせてもらいたいな、と思える仲間がたくさんできたことです。

本当に多くの人に支えてもらってきました。
12000部のビラ折り、電話かけ、選挙ハガキ8000枚の宛名書き。
挙げはじめるとキリがありません。

皆さま日常生活がある中、本当に無理をおしてサポートしてきてくださいました。
2ヶ月前には、会ったこともなかった人が大半ですが、今、周りにいてくれるる方々と同じチームで戦っていることを誇りに思います。
間違いなく、誰1人欠けてもここまで来ることはできませんでした。

今日からの7日間で、市民の方に選んでいただけるよう、感染防止を徹底しながら、できるかぎりの活動をしていきます。

市長に就任したらすぐに、新型コロナ緊急対策を行います。
すでに具体策は発表させていただきました。
皆さまコロナの現状に関しては、それぞれ思うところがあるかと思います。
きちんと不安を取り除けるよう、全力で取り組みます。
また、コロナ対策だけではなく、他にもたくさんの政策をつくってきました。
政策というものは、アップデートを続けていかなければならないものだ、と感じていますが、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

これからの4年間で、壱岐は、もっと良くなります。
しがらみがないからこそ、できることがたくさんあります。

あなたの1票を、私に託してください。
よろしくお願いいたします。