【選挙戦も終盤】

選挙戦も終盤。今日を含め残り2日となりました。

壱岐市では新型コロナウイルスの影響が様々なところに出ています。感染拡大防止のためにご尽力をいただいている壱岐市感染症危機管理対策本部のみなさま、医療従事者のみなさまに心から感謝申し上げます。

<壱岐市独自の対策を実行し、島内経済を絶対に守る!>
今が、壱岐市の産業を守れるかどうかの正念場です。国や県の支援策は、現場に届くまでに時間がかかってしまいます。

そこで壱岐市の経済を、壱岐市で働くすべての人を守るために、新型コロナウイルスの影響を受けた島内の飲食業・旅館業をはじめ、景気悪化の影響をうける漁業・農業・畜産業など全ての働く人を支援する「緊急の雇用・経済全方位対策」を市長就任後7日間で立案し、素早く実行します。

この緊急経済対策の財源は、いまある基金のうち、財政調整基金の12億円をはじめ、ふるさと市町村圏基金の約10億円、ふるさと応援基金の約4億3000万円を含む、約26億円を活用します。出し惜しみはせず、徹底した雇用経済対策を、全方位でスピード感を持って実行します。

新型コロナウイルスの感染拡大が終息した後には、公約に掲げている財政再建に全力で取り組み、税金の無駄遣いをなくし、行財政改革を実現していきます。

<新型コロナウイルスの危機を乗り越えた後>
新型コロナウイルスは必ず終息します。今が一番不安が広がって大変な時期です。だからこえ、市民一人ひとりが当事者意識をもって、全市民一丸となってこの難局を乗り越えなければなりません。

私は、市民のみなさまの不安をなくすために、情報公開を徹底していくこと、これ以上の感染者を増やさないための水際対策の徹底もお約束します。

そしてこれからの4年間で、最も大きな課題は、新型コロナの感染拡大が終わったあと、どうやって壱岐市を盛り上げていくかです。今までのやり方では、発信力がまったく足りないのが現状です。壱岐市を守るために、新型コロナウイルスが終息したあとに、風評被害と戦わなければなりません。

その仕事を、私、森しゅんすけにやらせてください。これまで民間で培った力を活かして壱岐市に、これまでよりも多くの人が足を運んでくれる、壱岐市の農作物や魚や焼酎、いろんな食べ物が、もっともっとたくさんの人に知ってもらい、喜んでもらえるように変えていきます。

今までのやり方では通用しない時代です。令和という新時代が始まって初めての壱岐市長選挙。絶対に負けられない選挙です。どうか私、森しゅんすけに、あなたの一票を託してください。よろしくお願いします!

——————
毎日の活動や私の政策をTwitterで発信しています。リアルタイムで活動の様子を載せたり、私の政策や壱岐の現状を解説しています!是非、フォロー&いいね・リツイートをお願いします!
https://twitter.com/morishunsuke55?s=20