【壱岐市議会】森がどの委員会に入りたいか、と各委員会メンバー予想。

こんにちは、森しゅんすけです。

先日お知らせしたように、議員懇談会で、議長・副議長をどうするのかの議論が行われました。現在、議長に豊坂さんと中田さんが立候補されています。副議長には、土屋さんと音嶋さんが立候補されています。

また、議会には常任委員会が2つあり、1つ目が、観光や一次産業、建設などを担当する産業建設委員会。イルカパークもここの管轄だそうです。2つ目は総務文教厚生委員会で、教育や福祉、SDGsなどを担当する委員会です。

この2つの委員会に入るメンバーについても、先日の議員懇談会ですり合わせを行いました。現在、ほぼ確定しているメンバーはこちらになります。

12日の本議会で、議長・副議長がこのお2人になるのではないかと森は思っています。議長は常任委員会には入らないので、それぞれ7人、8人となります。

森は、議会運営委員会に入りたいと考えています。

議会には他にも各種委員会があります。各種委員会の説明については長くなってしまうので割愛させていただきますが、私は議会運営委員会に入りたいと思っています。

当選後、「森くんには議会運営委員会(通称:議運)に入ってほしい」と言われることが多いです。私もまだ分からないことが多いのですが、一般質問や議案を発議する時に、会議に持って行く前に一度議運に持っていかないといけないらしいです。

しかしながら、「そこがブラックボックスになっているため、議運にメスを入れてほしい」というような趣旨で、私に議運に入ってほしいと言われる方が多い印象を持っております。もちろん本当にそうなのかは分からないですが、実際に自分で見てみたいと思い、議運に入ることを希望しています。

しかし何人かの先輩議員の方々にお聞きしたところ、新人が議運に入るのはとても難しいと言われました。今まで新人が議運に入った事例はないのではないか、という話もありました。

議運に入るには?

議運に入る人の決め方は、2つの常任委員会(産業建設委員会と総務文教厚生委員会)の中から、まずそれぞれの委員会の委員長が決まります。その委員長は立候補制で、複数いた場合は多数決になります。決まった2つの委員会の委員長は、自動的に議会運営委員会に入るそうです。議会運営委員会は6人で構成されていて、2つの委員会の委員長らと、それぞれの委員会から残り2人ずつが選出されるそうです。

森が総務文教厚生委員会に入るので、その中で2つの椅子に立候補する人が他になければ、議会運営委員会に入ることになりますし、他に誰かおられれば、恐らくそこでまた多数決になるそうです。

誰がどの委員会に入るのか、森の予想

現段階で、それぞれの委員会に誰が入るか、という森の予想がこのようになっています。

森は果たして議会運営委員会に入れるのでしょうか。12日の本会議を楽しみにしていただければと思います。

12日の本議会では、議員が中座して別室で投票を行い、議長・副議長、各種委員会が決定していくようで、12日の本議会は議員が、議会か出て色々決めることが多いそうです。

どうなるのか緊張していますが、議運に入れるように、頑張っていきたいと思います。今回もお読みいただきどうもありがとうございました。